Gum

Gradual Unite Modelers 模型サイトGumの前身として立ち上げたblog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プラスチック製品

身の回りにはプラスチックでできた製品があふれています
シャンプーや洗剤などの容器はもちろんのこと
この記事を書いているキーボードやパソコンも含まれます

どのように作られているか
模型をやっている方なら金型のことなども少しは理解されていて
作るのが難しい複雑な形状の製品などを見ては驚かれることもあるでしょう

プラモデルというのはプラスチック製品のなかで
特殊なものに当てはまると思います
普通の製品は射出成形機から出てくるとき
取り出し機によって
例えば何かの容器のキャップであれば
ベルトコンベアに並ぶ時には一般に言うランナーの部分は切り離され
キャップのみが整然と並びます

当たり前ですがプラモデルはランナーから切り離すと
部品番号がわからなくなり組み立てが困難になります
プラモデルはランナーも製品の一部なわけです

キャップの場合のランナーは切り離され
取り出し機により自動で粉砕器まで運ばれ粉々になり
また原料として再利用されます
原料(バージン)と粉砕されたものはだいたい3対1ぐらいの割り合いで混ぜて
原料入れに移します
そこから高熱で溶かされるチェンバーに行き射出されるわけです

日本の製品は検品の精度が高く不良品はまれだと思われますが
昔はバリが出ているようなプラモデルもよくありました

不良の種類はいくつかあり
隅々までいきわたっていないショートショット
波のような形状が現れるフローマーク
プラとプラが出会ったとこで起きるウェルド
表面にキズのように現れるシルバー
切り離したランナーの残りが大きいゲート高
黒い粒が混入して現れた黒点
後は気泡やヒケ、油汚れ、バリなどです

キャップと言えども上のどれかに該当すれば
日本では全て不良品となります

でもボクからすれば機能や中身に問題ないのであれば
物によっては不必要なことではないのか
そんなことに金をかけるなら安くしたほうがいいのではと思います

実際プラモデルの場合はバリが出ていようと黒点があろうとあまり気にしません
それは作り手側で処理してしまうからなのでしょうけど

スポンサーサイト

テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

いまどきのキット 2

これは今年になってから購入した
最新キットです
20070126203403.jpg

買ったのは模型屋ではなく近くのコンビにです
何気なくいつものように食玩の棚を見ていると
ひときわでかい箱が目についた
なんなのだろうと手に取ってみるとポッキーとガンプラが合体したものだった

側面の内容説明を読んでみると
1/144ガンダムで現在のような多色に成形されたものではなく
白1色のキットのようであった
あのシールドが一体モールドなわけで
それをマスキングで塗り分ける気力はなかったので
買わないでおこうかと思ったのだが
このキットにしかない最大のポイントがあったのだ
それはポッキーを手に持てるマニピュレーターが付いていること!
実はザクも横にあったので
ザクのほうがいいなぁと思っていたが
このポッキーを手に持てるということになると
やはりヒートホークのザクよりビームサーベルのガンダムの方がこの場合は正解だ

ということでコンビニで買った初のかなり模型らしいキットとなったのでありました20070126203342.jpg


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

再開

ちょうど1ヶ月の休業でしたが
そろそろ再始動したいと思います

どの趣味でもそうですが
「やりたいのにできない」「作りたいのに作れない」ということがあります
そういう時はストレスが2倍たまります
「作れない事情の内容」と「作りたいのに作れない」という二重苦の環境に陥るからです

今回の休みの理由はポジティブな理由だったので
苦ではありませんでしたが
制作が遅れたことでご迷惑をおかけした方々には
たいへん申し訳ありませんでした

ゆっくり制作していきたいと思いますので
よろしくおねがいします

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

幸せは不幸の始まり

キットを買えば必要なデカールは当然に付属してきます

なのになぜに別売デカールを購入するのか?
場合によってはキットより高価であったりする。
20060828070651.jpg

その理由のひとつはキット付属のものと違うカラーリングの
ものにしたいというもので、人とはなるべく違うものという
気持ちもあるのかもしれない
次の理由は付属のものより高品質だということ
今でも付属のものはオフセット印刷が主流。
別売のものはほとんどが精度のよいシルク印刷である
ボク的にはやはりカルトグラフだと安心できる
20060828170453.jpg

飛行機モデラーだと知っている人も多いと思うが
飛行機の別売のものはデカールそのもの以外に
ついてくる説明書などもちゃんとしていてグッドである
画像のようにちょっとした本になている場合もあり
説明図だけでなく実機の珍しい写真も載っていたりする
カーモデルの別売デカールの大半の説明図はカラコピーで出来ていて
小さくて少し不親切なのにだ。
もっと言わせてもらえばモノクロコピーのものだってめずらしくないぞ。

20060828070711.jpg

20060828070731.jpg

飛行機の別売デカールはほとんどが外国製で
次々と発売されるのにすべてを把握するのはかなり難しいし
把握したところで全部を買うのはとても不可能だし
買ったとしても作り切ることはできないだろう
でも新しいデカールが発売されると欲しくなったりするのが世の常。
しかもある時に買っておかないと、もう一生出会わないかもしれないのだ
なのでボクは気に入ったデカールお店で見かけると
かなり悩んでしまうのであ~る

これが幸せな不幸の始まりなのだ。


テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

模型関連の書籍

模型の本と言っても模型の作り方や作例の本ではありません
20060830064033.jpg

ご紹介するのは「プラモデル進化論」と「海洋堂クロニクル
両方ともかなり昔の話から始まりますが
読んでいてとても興味深いとこが多いです
数十年前のから現在に至るまでのことが書かれているので
変わってきていて当たり前なのだけど、模型を作ることって
それほど変わってはきてないはず。
ボクがスクラッチするときも写真や図面を見ながら
モックアップを作りそれから複製を作る。
たぶん、その基本的な部分はアナログで変わってきてないと思う

ただ両方とも読んでいて感じたことは、やはり両極化してきているのかなということ
昔は極一部の人たちがやっていた高度なことがモデラーにとっては極普通のことに。
逆に誰もが作っていたプラモは子供達には受け入れられなくなった

なので個人で制作したものが売れたりするのだろう
ひと昔前なら作ったプラモを買う人も売る人もいなかった
このことだけでその両極化が理解できようというものだ。

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

飛行機模型のスタンド

20060820020211.jpg


飛行機模型のキット特に旅客機にはよく
付属してるんだけど
あれってもう少しどうにかならないのかなぁと
思っているのはボクだけじゃないはず
付属しているものはだいたい簡素で
不安定だったりします

なのでそのうちにちゃんとした物をデザインして
模型につけていても模型のじゃまにならず
そしていてかっこいい物を作ってみます
機体の下にあなを設けないでいいようなものをね!

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。