Gum

Gradual Unite Modelers 模型サイトGumの前身として立ち上げたblog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タミヤ1/24「フェラーリF40」5日目

20070224045116.jpg

20070224045130.jpg

↑フロントスポイラーの下部を1.5ミリほど延長した状態(荒削り)


20070224045141.jpg

↑これが難題のセンターのカウル
これだけにするとわかりやすいと思いますが
ルーフ部分はリアのピラー(Dピラー?)の細いところだけでつながっています
Aピラーも折れたり曲がったりしないようにフロントガラスを補強のためにつけていました




作業もしにくいので早くルーフ切り離したかったのですが
ここからは闇雲に切り刻むわけにはいきません
というのも元々ひとつだったパーツをすでにドアやフロント部分と切り離しているために
シャーシに装着するアタリやダボなどが離ればなれになっていて
これ以上何も考えずに切り離すと元の状態に正確に戻せなくなってしまい
プロポーションを崩すだけでなく最悪の場合は組めなくなってしまう可能性さえあるからです

そのためには将来、元の姿に集合する時のためにシャーシとカウルを正確な位置に
仮組することが大切なのですが
困ったことにシャーシもねじれをを起こしているのでした

そこで
スロットカーのセッティングに仕様している
アルミ製の平滑な台にのせてシャーシを固定し水平を出して
そこにカウルをのせて、正確な位置決めをして
切り離すパーツごとにもとに戻るためのガイドを設置していきます
20070224045153.jpg

↑シャーシの中央に台に固定するための穴をあけ裏からねじ止めし
用がなくなった段階でパテ埋めします

20070224045203.jpg

↑台の裏

20070224045213.jpg




20070224045222.jpg

↑リアカウルの合いは悪く ルーフ部分にはすきまが出ています
タイヤハウスにはズレが出てます
もちろん全て解消していきます


20070224045242.jpg


20070224045251.jpg

↑サイドのカウルのガイドの作成 これでかっちりと正確な位置に復帰します

20070224045301.jpg

↑F40スパイダー?

20070224045314.jpg

↑赤いのが元のひとつだった状態で
下が現在の7つに分かれた状態です
あまりやりたくないのですがサイド部分のスリット部分がシャープに掘り直せなければ
上下に切り離して作業することになるので全部で11パーツに切り離すことになります
そうなるとドアなどの部品は正確にもとに戻すための治具も作らなければいけなくなるので
それは避けたいところ。。。。

今までのところ
制作5日目となっていますが
一日の制作時間は約5時間で
実際に手を動かしている作業は1時間ほど。
あとの時間は写真とにらめっこしてるか
カウルを何度も取り外しては付けてを繰り返して考えこんでいる時間です

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

コメント

シューフィッター

シューフィッターとは、顧客の足にフィットする靴を選ぶスペシャリストを認定する資格 http://tenshi.stepuptechnologies.com/

  • 2008/11/05(水) 16:00:05 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://gradualunitemodelers.blog54.fc2.com/tb.php/43-294285f9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。